大豆の若葉

秋の草花に

尾花が末を 秋とは言はむ

 

 

未生流_西村陽甫先生の秋の花(山査子、尾花、菊の花)

 

京都は、白秋寒露の候。

秋の訪れは、朝夕の空気の色の深まりに、それと気づきます。

そんな、野山の色を、未生流 西村陽甫先生が、店内の一隅に点じてくださいました。

山査子(サンザシ)、尾花、菊の花。

珊瑚朱、白茶、薄紅色の奏でる、秋の色。

 

 

五代清水六兵衛の掛け花生けと秋の花  

五代清水六兵衛の掛け花生けには

斑入りの藪蘭を生けてくださいました。

紫苑の色もまた、光輝く秋の空。

 

 

 

 

 

木村宜正さんの三島手と朱い穂の尾花

 

 

 

 

 

 

 

澄んだ空気のように

風に揺れては 冴えわたる

朱い穂の尾花。

花器には、岩倉で作陶なさっておられる

木村宜正さんの三島手の壺。

秋の情緒を奏でます。


 

 

西村陽甫先生(未生流)

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも涼しげな装いの西村陽甫先生。

花を生けてくださる、そのお姿と所作には

「風姿花伝」の「花」を見るようで

新鮮な感銘を いつも頂きます。


 

 

山査子の線描と津田青楓

 

 

 

 

 

尾花の穂が、日毎に開いてまいります。

すると、造化の織り為す山査子の線描が

こんなにも生き生きとしてまいりました。

津田青楓の描く絵のように。

 

日を経て、新たに知る

西村陽甫先生の花。


 

 

 

 

コメントを投稿