大豆の若葉

京都学生祭典~"きょう"の食グランプリに想う

第11回京都学生祭典が今年も平安神宮・岡崎公園一帯で開催されました。

「食でつながる」をテーマに、"きょう"の食グランプリが企画され

ふたつの参加サークルに、「ゆば長」も湯葉を御提供致しました。

 

 

京都学生祭典(会場岡崎公園一帯)

この季節の京都のイベントのひとつとして定着しました「京都学生祭典」も

2013年10月13日(日)には、第11回目を迎えました。

今回は、新たに、"きょう"の食グランプリ が開催されました。

学生さんの新しいレシピや斬新なアイデアにより、地域の食材を生かして

京都の食材の新たな魅力を発見するきっかけを作ろう、との趣旨です。

 

企画準備は更に早く、6月には京都府農林水産部 食の安心安全推進課の方より

参加サークルへのアドバイスとサポートの御依頼がありました。

その後は、実行委員会の学生さんの自主運営に沿ってのスケジュールになりました。

 

「ゆば長」では、ふたつのサークルが「京ゆば」の使用を希望してくださって

調理方法は全くことなるコンセプトで、共に、とても真剣にお話しにお越しでした。

何度も当店にも来て頂き、さまざまにアイデアを練って

そして、その成果を問う、イベント当日を迎えました。

 

 

 

第11回京都学生祭典

 

 

会場の 岡崎グラウンド周辺は

市立美術館、国立近代美術館や

図書館、みやこめっせなど

京都の文化施設が集まる

文教エリアです。


 

 

 

きょうの食グランプリ(京都学生祭典)

 

 "きょう"の食グランプリは、岡崎グラウンドの

園路に沿って、テントブースを展開して

それぞれの料理を競いました。

グランプリは、購入した方の投票で決まります。

但し、販売数に占める、得票率ですので

販売が少ないサークルにも

グランプリのチャンスがあるのです。


 

 

きょうの食グランプリ(綿菓子のマスコット)

 

 

 

 

 

 

「わたくしごとですが、わたがしです。」

と、会場に入ってすぐに、目を惹く

抹茶の綿菓子の販売マスコット。

 

見た目には違和感もあるのですが

御家族でお越しの方には

こんなパフォーマンスが良かったみたい。


 

 

はんなり御膳さんの「豆乳鍋」


インカレの料理研究サークル 「 はんなり御膳 」さんの 「 豆乳鍋 」は、300円です。

当店の「ひきあげゆば」を、中に入れる具材として御提供致しました。

初めは、豆乳も御利用頂く予定でしたが、濃度の点から別のものを採用して。 

レシピの作成から、材料計算まで、さすが料理サークル!

 

ディスプレイも、秋まっさかり。

紅葉が北欧デザインのように、とてもシンプルかつ有言。

 

 

「はんなり御膳」インカレの料理研究サークル

さまざまな大学の学生さんで構成されているせいか、ほんと和やかなサークルです。

 

 

白味噌とお出汁の豆乳スープ(豆乳鍋)

 

とても手際の良い、流れ作業です!

白味噌とお出汁の豆乳スープを

ちゃんと漉してから盛り付けて。

 

よく見えないかもしれませんが

具材のお鍋には、季節野菜が

たっぷり。

 

最初の御相談の日には

暑いお鍋だからと、当日の

天候を気にしてましたね。

 

涼やかな風の吹き抜ける

すっかり晴れ渡った秋空になって

良かったですね。


 

 

豆乳鍋_今年の秋を満喫する

「豆乳鍋」は、今年の秋を満喫する、温かな一品。

しっかりした豆乳スープに、ひきあげ湯葉、人参、油揚げ、しめじ、豆苗、豆腐が入っています。

ふうふう、ホカホカ、体の中から温まる、とても美味しいお料理です。

 

 

 

 

京湯葉ちっぷす

こちらは 「 有機農業研究会minori 」 の「京湯葉ちっぷす」のブースです。

京都大学農学部の学生さんで作る、社会と有機農業のつながりを考えるサークルです。

 

 

自家製野菜ソース(有機農業研究会minori)


学生さん達が、キャンパスの中の畑で育てた野菜から、三種の野菜ペーストを作りました。

このペーストを、当店の「とゆゆば」を素揚げしたものに載せて、食べ比べして頂く一品です。

「京湯葉ちっぷす」の命名が生きてます。

さらに、生の「さしみゆば」も添えて、200円です。

 

書道部や、美術部のメンバーにより、サークル全員で作成したディスプレイとのこと。

とても感心してしまいました。

 

 

有機農業研究会minori_京都大学農学部

自分で育て、収穫した野菜を使っているからこその、自信の表情に満ちたメンバーの皆さん。

 

 

 

とゆゆばの素揚げと野菜ペーストを作る


手前では、とゆゆばを素揚げして、隣のコンロで野菜ペーストを作る野菜を茹でます。

野菜ペーストを作る作業もお見せするという、臨場感を感じます。

 

 

野菜ペーストを作る作業(有機農業研究会minori)


右から、黄のカボチャペースト、緑のほうれん草ペースト、赤の唐辛子ペースト。

カボチャには、ハチミツを加えて味をまろやかにしているそうです。

ほうれん草には、豆腐を加えてから、お出汁その他によって、家庭的な印象です。

唐辛子もイタリアン風に味付けされて、ただ辛いのではなくて、深い味わいがあります。

どれも、単に、茹でてペーストにするのではなくて、さまざまに工夫されているのです。

この手作りの感覚が、学生祭典の最大の魅力ではないでしょうか。

 

  

京湯葉ちっぷす_秋を感じる野菜3色のオードブル

見た目にもきれいな、秋を感じる野菜3色のオードブルです。

トウガラシを最後に食べてから、付け合せの生のさしみゆばを食べますと、さっぱりします。

炭酸飲料や、ビールにピッタリのお味でした。

 

 

 

きょうの食グランプリの結果発表


本日の企画は、午前11時のスタートより、午後5時まで販売は続きますが

午後3時までの実績を集計して、いよいよ、グランプリの結果発表です。

皆さん、期待のこもった眼差しで、事務局前に集合します。

 

 

有機農業研究会minoriの代表の学生さん

 

各サークルの代表者の方より

一言づつ、紹介や感想がありました。

 

 

 

 

 

 

 

有機農業研究会minoriの代表の学生さん。

東北復興ボランティア活動を継続してる方。


 

 

callus

 

第3位は、callusのお豆腐の

京風お好み焼きでした。


 

 

京都府学生献血推進協議会

 

第2位は、京都府学生献血推進

協議会の鹿ケ谷かぼちゃの

パンケーキでした。


 

 

食物研究会

 

グランプリは、食物研究会の

山科なすの韓国旅行と題して

なすの餡を包んだホットクでした。


 

 

 

「はんなり御膳」さんも「有機農業研究会minori」さんも、入賞は逃してしまいました。

結果は残念ではありますが、皆さんがレシピを考案して、熱心に試作を繰り返し

慣れない湯葉と取り組んでくださった過程を、私はいつまでも覚えています。

直前には、ディスプレイを作り、食材を買い揃えて

当日は、販売に若い声を上げている姿を、とても頼もしく拝見しました。

私自身も、ちょっぴり若返って、参加させて頂いているように感じました。

とても良い想い出になることでしょう。

お会いした皆さん、これからも、このがんばりで、まっすぐ進んで行ってください。

 

 

 

 

 

コメントを投稿