大豆の若葉

あけましておめでとうございます。

初春の玉箒 揺らぐ玉の緒

 

 

 

初春のこの朝

あけましておめでとうございます。

皆様、美しい初春の この朝をお過ごしのことと存じます。

本年がどうぞ、佳い年でありますことを。

 

はつはるの はつねのけふの たまははき てにとるからに ゆらくたまのを

万葉集 巻二十 家持 歌 

 

揺れては奏でる かそけき玉の緒の音。

古来、初春には、皇后自ら 国の栄えの養蚕の為、蚕室に捧げたという玉箒。

初子の日の宮中で玉箒を下賜された、歌人の心も高揚したことでしょう。

 

 

 

繭玉の玉飾り(田中様のお手製)

 

 

 

 

初春の玉の緒(田中様のお手製)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌人の得たという玉石飾りの緒の如く

初春の新しい風の吹きこむ毎に

蚕の糸より作られた こちらの玉の緒も、さやさやと揺れ動きます。

「 いやしけよごと 」 と かそけく奏でるように。

 

 

 

 

 

コメントを投稿