大豆の若葉

つまみゆばの白味噌ポトフ

| コメント(0)

静かな春の兆しの季節、お野菜だけで作る和風ポトフです。

 

肌寒い季節の根っこ野菜は、滋養たっぷり!菜の花は春のほろにがさ。
ゆばで作る 植物性たんぱく質のスープに、今年の春に目覚めましょう !

 

  

 

 

 

 

つまみゆばの白味噌ポトフ(レシピ)

 

 

材 料

 

 分量人数

 4人分

つまみゆば

 2個

小 蕪

( 小ぶりの蕪の場合 )

 2~3個

白味噌

 200g

菜の花 

(あるいは ブロッコリー)

 1束

百合根

 1個

ニンジン

 1/4本

 ひとつまみ
   

菜の花の季節の前後にはブロッコリーや

カリフラワーをお選びください。

その時には、小蕪と同時に茹でてください。

 

今回は、野菜とお出汁で味を作りましたが

お好みでコンソメ等を加えてください。

 

 

 

 

つまみゆばの白味噌ポトフと白ワイン(レシピ)

 

 

ポトフは本来、ゆっくりと時間をかけて

 

煮込む料理ですが今回は短時間でできる

 

和風レシピとしてアレンジしてみました。 

  

 

 

ここでは、土鍋を使わずに、ご家庭にある

 

平鍋で作っております。

 

つまみゆばは、長時間 加熱し続けますと

 

スープから分離してしまうことがあります。

 

お野菜等の煮込む時間もそれに合わせて

 

ご注意ください。

 

 

 

出来上がりましたら...

 

温かいうちに、ご家族でお召し上がりください。

 

いつもの白ワインだけでも、ずっと楽しい

 

夕食になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

小蕪の下ごしらえ(つまみゆばの白味噌ポトフのレシピ)

  

1. まず、材料の下ごしらえをしておきましょう。

 

小蕪は、皮を剥いてから、8等分に切り分けます。

 

百合根、菜の花、ニンジン(つまみゆばの白味噌ポトフのレシピ)  

2. 百合根は、外の鱗片をキレイにしてから

適宜切り分けて、水に晒します。

 

菜の花は水に漬けてから、さっと洗っておきます。

 

ニンジンは、短冊に切っておきます。

 

蕪とニンジンの下茹で(つまみゆばの白味噌ポトフのレシピ)  

3. では、下茹でしてゆきましょう。

蕪とニンジンは、まだ、少し硬い状態で

火からおろします。

 

菜の花の下茹で(つまみゆばの白味噌ポトフのレシピ)  

4. 菜の花は、塩ひとつまみ加えたお湯で

サッと色が出るだけにします。

 

白味噌を溶く(つまみゆばの白味噌ポトフのレシピ)  

5. 出汁(500cc)を中火にかけて温め

蕪、ニンジンを、加えます。

軽く一煮立ちしたら、火を弱めて

白味噌をゆっくりと溶いてゆきます。

 

まんべんなく溶けましたら、百合根を

加えます。

 

  

つまみゆばを入れる(つまみゆばの白味噌ポトフのレシピ)  

6. 蕪に火が通りましたら

弱火のままで、つまみゆばを少しずつ入れます。

 

 

 

 

 

 

菜の花を入れる(つまみゆばの白味噌ポトフのレシピ)  

7. 最後に菜の花を入れて

軽く火が通しましたら出来上がりです。

 

 

 

白ワインにもピッタリ(つまみゆばの白味噌ポトフのレシピ)

ちょっと一言 : まったりとした京都の白味噌は

白ワインにもピッタリ!

ゆっくりとしたお食事に、会話も弾みます。

他のお野菜でもお試しください。 

 

 

 

 

 

コメントを投稿