大豆の若葉

夏の夕べの京都御所

紫宸殿の塀に 松の影のわたる ゆふぐれどき。

 

 

 

夏の夕べの京都御所(紫宸殿の松)

 

8月も半ばを過ぎましたが、今日も気温の上がった京都でした。

仕事を終えてから、店からすぐ近くの京都御所を散歩してみました。

午後6時を過ぎて、松の喬木の日陰に入るとほっとします。

 

     

紫宸殿の塀に夕日(京都御所)

  紫宸殿の西面の土塀の上を、日のかげりに併せて、松の影がゆっくりと、わたってゆきます。

  ゆっくり見ていると、静かな松籟の音に誘われて、涼しく感じます。

  

 

京都御所(清水谷家の椋)

清水谷家の椋の前まで来ました。

子供の頃から、よく写生した木です。

この椋の葉っぱは、秋の落ち葉の頃

に拾って乾かしますと、木工の磨き

仕上げに使えます。


 

 

椋の木の梢(夏の夕べの京都御所)

椋の木を見上げると

いつもの風に梢を

揺らして微笑みます。

夏の暑さを忘れさせる

風の声でした。