大豆の若葉

色も香も 昔の春に 咲きつれど

春の詩人、良寛 と 蕪村 と 鶯の声。

 

    淡紅の古梅

鶯の声も聞かずに、薄紅の古梅が咲き初めました。

庭の白梅より先に、この春を告げる、ひともとの梅。

 

 

 

梅の春風

すっつと伸びた新しい枝には

今年の新しい花が咲きます。

昔も春を告げた、その古いひともと。

初めて知る、今年の春。

この花の清らかさの所以でしょう。

 

良寛の梅の歌。そして、蕪村の俳句。

春風に、梅の香が染む頃になりますと

頁を開いてみます。

 

 春風に 軒はの梅はやや咲かむ

 こよひの月夜 君とともにせむ

               ( 良寛 )

 

 

 

 

 

春の梅

蕪村は春の詩人。

 

「彼の詩境が他の一般俳句に比して、

遥かに浪漫的の青春性に富んでいる」

 

萩原朔太郎の愛した、この春の詩人は

池大雅と並んで江戸期を代表する

画家でもあります。

私の好きな「夜色楼臺図」に描かれた

京を包む雪は、垣の内外に咲く梅の春を

待っていたのでしょうか。

 

 しら梅に 明る夜ばかりと なりにけり

                  ( 蕪村 )