大豆の若葉

今日の京都は歴史絵巻 ~ 時代祭の一日

京都御所から出発。 日本の文化を見つめた京都の歴史があります。

 

 

鳳輦(ほうれん)時代祭

京都御所から平安神宮までをゆっくりと、時間を遡るように行列は進んでゆきます。

明治維新からスタートして、「王朝時代」 へとタイムスリップ。

平安遷都の桓武天皇と、東京遷都前の孝明天皇を祀る、鳳輦(ほうれん)です。

 

時代祭(行列)江戸時代の裃(かみしも)行列が颯爽と並んでゆきます。

松の翠に映えて、やっぱり、京都御所の中で観覧するのが一番いいようです。

御苑内の敷地にも若干の起伏があるので、芝生に腰を下ろしたり、小高い所に立ってみたり。

 

 

静御前(時代祭行列)

歴史風俗に装った方がスタートラインに立つと

アナウンスで紹介してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは白拍子の衣装をまとった静御前。

 

 

 

清少納言と中宮定子(時代祭行列)

才女、清少納言の乗った輿には、凛とした空気があります。

左には中宮定子でしょうか。

 

 

 百済王(時代祭)

桓武天皇、坂上田村麻呂、明信

平安遷都を彩った人物たち。

 

 

 

 

今日の「古都」京都 も

当時は新都だったのですね。

 

 

 

大原女(時代祭)

大原から京の都へ柴を運んで往来した

大原女(おはらめ)の女性たち。

 

おはらぎゆば(大原木ゆば」 という

名称の由来になった風俗です。

この柴を束ねた姿から名付けられています。

 

大原は洛北よりも更に北の地で

冬には雪深い静かなエリアです。

平家物語のエピローグの舞台です。

 

 

 白川女(時代祭)こちらは、京の都の中心に花を運んだ「白川女(しらかわめ)」の女性たち。

以前は白川通りにも白川という小さな川が流れ、水車が音を立てて回り、

のどかな田園風景の場所だったそうです。

いつも優しそうな笑顔で、家々を回ってくれました。

私の子供の頃にもよく見かけましたが、今では時おり出会うくらいです。

「花、いらんかえー」という声を聞くと、朝、小学校へ行く直前の時間帯を思い出します。

 

歴史の舞台であり続けた、京の都の風土を感じる、そんな祭りです。

 

 

 

ゆば長つれづれ手帖

京都御所 ~ 春の一般拝観 」も 併せてをご覧ください。

京都御所を舞台に王朝古制の優雅を伝える散策です。

 

 

 

 

 

コメントを投稿