大豆の若葉

きょうの「食」まなび塾(京都府主催)~発表とワークショップ

京都府(食の安心・安全推進課)主催の府民参加事業で

京湯葉の発表と、「おはらぎゆば」の加工ワークショップを致しました。

 

 

きょうの「食」まなび塾(京都府食の安心・安全推進課)

第2回 きょうの「食」まなび塾 (京都府 食の安心・安全推進課 主催)にて

京都府民の皆様の前で、京湯葉について発表させて頂きました。

( 平成24年9月22日(土) JR京都駅前 キャンパスプラザ京都ホールにて )

 

当日は、多くの方々が事前申込み御参加下さいまして、本当にありがとうございました。

 

第1部 ゆばの製造現場の御紹介 ~ ゆば長での製造工程と、「きょうと信頼食品

登録制度」への取り組み、そして湯葉の歴史を、お話しさせて頂きました。

第2部 「食品製造現場での品質管理」のテーマで、株式会社角野品質管理研究所の

代表取締役 角野久史氏が、「食品衛生7S」に関して、発表。

第3部 乾燥湯葉のひとつ「おはらぎゆば」の加工と包装を、ワークショップとして

体験して頂きました。

 

 

キャンパスプラザ京都ホールでの発表(JR京都駅前)

皆様の前でお話しするのは、私個人にとっては

初めてのことでしたので、緊張しつつの

スタートとなりました。

 

御参集の皆様の温かな視線の中、少しずつ

ペースが出来まして、終盤には

ゆっくりとお話することが出来ました。


 

 

角野久史氏「食品衛生7S」の発表


第2部では、角野氏が食品衛生の観点より、躾から企業経営にまで、お話しでした。

その間、私は第3部の準備の為に、拝聴出来ずに残念でした。

角野氏の著書「食品衛生新5S入門」は、ゆば長でも輪読させて頂いておりますので、

後で資料を拝読致しまして、教えて頂く点が多々ございました。

「あ・じ・か・げん」 をはじめ、わかりやすく明確なルールの大切さを再認識致しました。

 

 

「おはらぎゆば」のワークショップ(加工と包装)

 

 

第3部は、

参加型ワークショップとしまして

私共の店で作っております

「おはらぎゆば」加工と包装を

皆様に体験して頂きました。


御提案はしたものの、私も初めての企画でしたから、京都府庁のスタッフの皆さんとの

事前に準備した通り、うまく運ぶかは見当も付かないままの始まりでした。

 

 

おはらめ(大原女)~京都時代祭

おはらぎ(大原木)ゆばは、乾燥させた湯葉を

昆布で巻いた伝統的な湯葉です。

古えの京の都を往来した

大原女(おはらめ)」の運んだ

束ねた柴に似せて作った姿より

名付けられました。
 

 

右の写真は、大原女の衣装風俗を纏った

女性の「時代祭」行列の中の姿です。


 

「おはらぎゆば」加工(昆布で結ぶ)

 

持参しました、半生乾燥の

湯葉と、紐状の昆布で

クッキングシートをまな板の

代用にして頂きました。

 

手指を、アルコールで消毒

しての作業となりました。


 

写真では、乾燥湯葉の畳み方を示しております。

畳んでから、1本を9つになるように、昆布で結んで頂きました。

結び目が縦にならないように横帯になるように、みなさん一つずつ、ていねいに。

とても可愛く、結んで頂きました。

 

私も子供の頃の夜のお手伝いとして、親しんだ作業です。

子供ながらに、縦結びにならないように注意しながら、祖父母、両親と並んで

色々な話を聞きながら、楽しく作業したことを懐かしく想い出します。

 

 

切り分けてからは、セロファン紙での

包装作業です。

その際、ラベルを、皆さんに手書きで

自作して頂きました。

毛筆、色鉛筆や、フェルトペンで。

美しい字、楽しげなカラフルなものも。


 

愛らしい姿に包んで頂いて、ゆば達もとても喜んでいるようでした。

皆様、お付き合い頂きまして、本当にありがとうございました。

 

 

きょうの「食」まなび塾での発表を終えて


 

発表を終えての質問の時にも、皆さん、とても和やかに接してくださいました。

湯葉に興味を持ってくださる方々のお気持ちをうかがって

私にとりましても、新たに教えていただことが、たくさんございました。

そして何より、発表とワークショップップを通して、今の私に出来ることを

皆さんが温かく見てくださったことに感謝致しております。

家業に従事する上で、これからもずっと、心に残る、素敵な想い出を頂きました。

 

御参加頂きました皆様、そして企画してくださった京都府庁のスタッフの皆様、

本当にありがとうございました。

 

 

 

 


ゆば長つれづれ手帖

今日の京都は歴史絵巻 」も 併せてをご覧ください。

京都御所を出発する時代祭に、王朝世界が広がります。

「大原女」、「白川女」の行列も参加します。

 

 

 

コメントを投稿