大豆の若葉

鴨水の流れ、夏の陽射しの中で。

夏の日差しの中をゆったり流れる鴨川と、木陰で憩うほんの一時。

 

 

 

夏の鴨川

 

鴨川の水は、今日もゆったりと京都の町を流れています。

京都の街に住む者として、鴨川は暮らしの中の拠りどころのように感じます。

移転前のゆば長は、鴨川畔にありました。それで、仕事の終わったあとには

本やスケッチブックを持っては、夕刻時をゆっくりと散歩して過ごす日々でした。

ベンチに坐って眺める、夕暮れ時の空の色は

まさしく堀口大學の詩 『夕暮れの時はよい時』 を想起させました。

今回、ブログをはじめるに際して、この鴨川から始めましょう。

  

 

夏の鴨川(北大路橋より)

 

 

北大路橋から上流を見た様子です。

木陰には幾人かの人が

夏の日差しを避けて休んでいます。

水量もめっきり減ってしまって

夕立ち雨を待つかのようです。 


 

京都府立植物園前の欅並木

 

 

 

 

あまりの暑気に、木陰を求めて

京都府立植物園の欅の並木道に

やってきました。

欅の瑞々しい木の葉越しに、

さすが夏の光も、さやさやと、

風に揺れるように降り注ぎます。

このプロムナードは、子供の頃からの

お気に入りの場所です。


 

 

 


ゆば長