大豆の若葉

京都府立植物園 ~ 夏の午後

夏休み最後の週末、 緑の葉影を求めて。

 

 

 

フウノキの葉影(京都府立植物園)

夏休み最後の週末を、近くの京都府立植物園へ行きました。

いつも見上げてしまう、フウノキの大きな枝ぶり。

葉影にはいつも風をまとっているよう。

 

 

木々の小径(京都府立植物園)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木々の小径を歩いてゆきます。

 

緑の多い分だけ、日陰も色濃くて

中に入れば、涼しさたっぷり。

  

 

 

ヒョウタン(京都府立植物園)

園内の北のエリアは、お気に入りの場所です。

ヒョウタンがこんなに大きくって。

 

  

ヒョウタンの棚(京都府立植物園)

 

ヒョウタン、ヘチマ、

苦瓜、カボチャ。

 風鈴のよう。

 

 

 

ヒョウタンの棚の下には

散歩する人の足を休ませる

葉影があります。 

 

   

 ナガビョウタン(京都府立植物園)

 

 

ヒョウタン棚の葉影が白い土に映えます。

見ていて飽きることのない

不思議な文様たち。

リズミカルに繰り返しているのかな。

 

 

 

 

 

 

ナガビョウタンのこの長さ。

 

 

 

ワタの花(京都府立植物園)

 

こちらは、ワタの花です。

夏の日差しがよく似合う花。

芙蓉の花を小さくしたような。

 

 

 

結実すると、白い花のような

綿が出来るのですね。

 

 

 

 

 


ゆば長