大豆の若葉

秋のふけゆく 京都御所

秋の野に 詩情ゆたかな風が 吹いてゆきます。

 

 

京都御所(秋の風景)

紅葉のハイシーズンを終えると、歩く人の姿もすっかり少なくなります。

そんな秋の野には、静かなメロディーを奏でるような風が 吹いてゆきます。

 

 

胎範の碑の近く(京都御所)

「胎範の碑」の近くには、まだ色付く前の楓のエリア。

 

 

落葉の水面とバーントシェンナの鏡

 

日の名残りを惜しむように

もみじ葉が光を集めて

キラキラと歌います。

 

落葉の水面に映る影は

バーントシェンナの鏡。


 

 

 仙洞御所と嘉陽宮(かやのみや)邸

  

 

 

 

 

 

  

 

 

嘉陽宮(かやのみや)邸 跡から

東の仙洞御所を臨みます。

そのむこうには大文字山。

 

さらにその山のあなたには。

 

 

 

 

紫宸殿の南(京都御所の秋)

紫宸殿の南には、ターネンバウムの樅の木と、秋には葉っぱを落とす桜の木があります。

風に吹かれては動く桜の葉っぱが、木の影を静かなダンスに誘っています。

影は誰を待って、踊るのでしょう。

一緒に遊んでくれる子供たちを待って、踊るのでしょう。

愛の言葉を語らう恋人たちを待って、歌うのでしょう。 

 

 

 

 


ゆば長