大豆の若葉

木瓜(ぼけ)の咲く頃 ~ 木村宜正さん三島手の花器

幼い春の 光と影の移ろいに合わせて、静かに流れ出す メロディ。

 

 

木瓜(ぼけ)の咲く頃

 

冷たい朝にも、今年の春のおとずれを 身近に想う頃となりました。

時折り差し込む午後の光に、魚たちも 鴨川の水の中では

うたた目覚めているのでしょうか。 

咲き始めたばかりの、木瓜(ぼけ)と 連翹(れんぎょう)を取り合わせてみました。

 

 

木村宜正さんの花器(三島手)

 

花器は、京都岩倉で作陶なさっている

木村宜正さんの三島手です。

 

幼い春の光と影の移ろいに合わせて

静かに 流れ出す メロディ。

穏やかなお人柄の出た

私のとても好きな器です。

 

 

 

 

木瓜(ぼけ)と連翹(レンギョウ)