大豆の若葉

春蘭の香り、滄浪亭の朝

四君子の中の名君子、春蘭の咲く頃となりました。

 

 

春蘭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春蘭のひそやかな香りが

四君子の高潔を想い出させます。 

 

 

 

 

 

 春蘭の花

水墨で描く時には 

憂国の貴人 屈原 を想います。

 

「漁夫辞」より

新 沐 者 必 弾 冠
新 浴 者 必 振 衣
 

滄 浪 之 水 清 兮
可 以 濯 吾 纓

滄 浪 之 水 濁 兮
可 以 濯 吾 足
 

 

 

 

 

 

 

 

春蘭の花(滄浪亭)

 

 

 

 

 

 

 

蘇州の滄浪亭を訪れた

その日の朝は特に清しいものでした。

観光客の少ない時間帯を

一人でのんびりと

私邸のように過ごした

至福の時間。

 

1990年のちょうど今頃のことでした。

 

 

 

  


ゆば長