大豆の若葉

「ハンケイ500m」創刊! ~ 京おんなの愛するフリーマガジン

創刊記念パーティー at KRP町家スタジオに参加しました。

 

 

 

本物を知る「京おんな」のためのフリーマガジン

ハンケイ500m」 が創刊しました。

京都のある地点から半径500mを、編集者 自らが歩いて

現代の「職人」を通して、「京都らしさ」を見つめます。

テキストも 写真も 美しい一冊です。

 

 

ハンケイ500mとゆば長の取材

この創刊号には、当店も 「ゆばのこと」 と題したコラムで紹介されました。

今回は、「京都の水と湯葉」についてお話ししております。( 年2回連載の予定です。 )

フリーペーパーとして、京都の地下鉄各駅、ターミナル、市内各所に配布しています。

 

ゆば作りには、最初に大豆が吸収する水がとても重要で、その水がゆばの繊細な味の

源になります。山紫水明の地、京都を囲む美しい山々に降り注ぐ雨は、長い時間をかけて

濾過され、京都の「大きな天然の水甕」として蓄えられます。

この京都のまろやかな軟水は、ほのかな甘みのある湯葉を生み出すのに最も適しております。

上質なこの水は京料理にも使われ、同じ水で出来上がるゆばとは、とても相性が良く、

料理の味覚を一層高めます。

ゆば長でも、一年を通していただく この水の恵みを感謝して、大切に致しております。

 

 

京都に暮らす「京おんな」の皆様も

そして、ふらりと京都にお越しの方々も

目に付きましたら、手に取ってご覧ください。

 

 

ハンケイ500m(nikiniki八ッ橋)

その創刊記念パーティー

開かれました。(5月25日)

 

会場の KRP町家スタジオは

京都ならではの古い木造家屋を

リユースした町家(まちや)で

土間や中庭を配した

なんとも懐かしい空間です。

 

 

 

こちらは、老舗八ッ橋店さんの新ブランド nikiniki の、目にも美しい生八ッ橋を頂きました。

夢見るような姿に、暫し、誰も手を出せず。。。

口の中に広がっては消えゆくトップノートは、消費期限が製造日中という所以でもあります。

 

この日は、シェ・キクスイのオーナーシェフ 堤さんの作るプロヴァンス様式の料理に

初めて会う方々とも、話の弾む楽しい夕べとなりました。

 

 ハンケイ500m(円城さんとunion affinityのスタッフの方々)

2か月でこれだけの企画・編集・発行をした union affinity の円城さん。

そしてチームの皆さんの笑顔がとても印象的でした。