大豆の若葉

梅雨明け近き 鴨水の流れ

橋の欄干 ひとつひとつに 通りの抒情が宿ります。

 

    鴨川(北大路橋の欄干)

 

梅雨空の隙間から、青い日差しが差し込むことがあります。

水面の上を きらめく宝石のように飛びゆく 青い光の矢。

翡翠(カワセミ)を見た日には、こころが はずみます。

 

 

鴨川の梅雨明け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空の色は、梅雨の終わりを告げています。

7月1日からは京都は祇園祭。

京都の夏の暮らしが到来します。 

 

 

 

 

 

鴨川の空(北大路橋)

北大路橋の欄干は、擬宝珠(ぎぼし)ではなく、燈籠型です。

夕日が山の端に隠れると、蝋燭のように ゆっくりと明滅しながら点ります。

鴨川にかかる橋には、ひとつひとつに 通りの抒情が宿ります。

 

 

 

 


ゆば長