大豆の若葉

夏の名残りの京都御所

松の翠と同じように、時を経ても 色褪せぬ場所

 

    

夏の名残りの京都御所(紫宸殿)

通り雨の過ぎた夕べには、すずやかな風が 吹き抜けます。

そんな 夏のゆふぐれどきは、いつもより 親しく感じるものです。

 

 

 

一条邸址の銀杏(京都御所)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都御所の北西(烏丸今出川下ル)

乾(いぬい)御門から 入ってすぐの

一条家邸址の銀杏の木。

 

雨にすっかり洗われて

気持ち良さそうに 風に笑います。

 

 

 

 

紫宸殿の北面(夏の京都御所)

紫宸殿の北面にも 夕日が移ります。

小学生の頃、中学生の頃と、よくランニングした場所です。

紫宸殿は、一周すると およそ 1.4 km 。

松の翠と同じように、時を経ても色褪せぬ場所です。

 

 

 

 


ゆば長