大豆の若葉

今宵、野分の過ぎる頃

「 生 生 流 転 」  大気を潤す水の循環。

 

 

葵橋(台風の日の鴨川)

二百十日を過ぎて、時はあやまたず、大きな あめかぜを運んできました。

雲を集めた鴨川の様子は、今宵の野分の大きさを予感させます。

大きな被害の出ませんことを。          ( 上流より葵橋方面を望む )

 

 

 

 

鴨川の北大路橋(台風の日)

 

台風の日の鴨川

北大路橋の更にその上(かみ)の山々には

もう、低い雲が 霧雨となっているのでしょう。

 

 

 

「 生 生 流 転 」

風雨の日には、大気を潤す水の循環を感じます。

一粒の水が 川となり 海へと注ぎ、

また大気に還えるさまを

横山大観は描きました。

 

中国の 「 荘子 」 の逍遥遊篇に登場する

「 鯤 」と「 鵬 」 もまた、水に姿を借りながら

天地の詩をうたっているようです。

私の好きな 物語りです。 

 

 

 

 

 


ゆば長