大豆の若葉

月日は百代の過客にして ~ 秋のはじめ 鴨水のゆふぐれどき

行かふ年も 又 旅人也。

 

 

鴨川のゆふぐれどき(初秋)

 

「 片雲の 風にさそはれて 漂泊のおもひ やまず 」

 

幼い頃より、鴨川とともに 遊び育ちましたので

芭蕉翁 や 鴨長明 の言を俟たずとも、絶えずゆく川の流れを眺めておりますと

いつもと同じ、水鳥の影や 川面をわたる風の匂いにも、何かしら感じるものがあります。

季節の移ろいに映つる 水の色には、京都に暮らす生活(たつき)のリズムが刻まれます。

 

初秋のゆふぐれどき、下鴨神社での催事を終えて、北大路橋近くを そぞろ歩きました。

 


北大路橋の郷愁

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人を旅に誘ふ 行人のうしろ姿は

郷愁へのメタファーでもあります。   

 

 

 

 

 

北大路橋を行き交う人

 

若き日の 幸田露伴が「 枕頭山水 」で

いかにも江戸っ子らしく

さっと旅に出た旅程は

母への信頼が通奏低音のように

感じられます。

 

人の行き交う橋の上には

そんな時の移ろいと想い出が

交錯するのでしょう。

 

 

 

 

北大路橋と「ミラボー橋」


 

「 ミラボー橋の下をセーヌ河が流れる

  私たちの恋が流れる

  私は想い出す

  悲しみのあとには 喜びがくるという

 

  夜が来て 鐘が鳴り

  月日は流れ 私は残る 」

 

 

フランスの詩人 アポリネールの詩 「 ミラボー橋 」 にも

セーヌの流れと時の姿が描かれています。

私の好きなシャンソンです。

レオ・フェレがとても素敵なメロディを添えました。

 

有名な、堀口大學の訳を、さらに私なりに意訳して暗誦しています。

 

 

北大路橋の情景(アポリネール)

 

Sous le pont Mirabeau coule la Seine

Et nos amours

Faut-il qu'il m'en wouvienne

La joie venait toujours après la peine

 

 

北大路橋の情景(レオ・フェレ)

 

Vienne la nuit sonne I'heure

Les jours s'en vont je demeure

 

 

鴨川の夕暮れ(鴨堤の木々)


 

山の端に消えゆく光が

鴨堤の木々の葉っぱ越しに 細く長く 差し込んできます。

ゆふぐれの 美しいひとときです。

 

 

 

鴨川の夕ぐれの時はよい時

 

 

 

 

 

堀口大學 詩

「夕ぐれの時はよい時」 

 

 

「 夕ぐれの時はよい時。

  かぎりなくやさしいひと時。 」  

 

 

堀口大學「夕ぐれの時はよい時」

「 それは季節にかかわらぬ、

  冬なれば暖炉のかたわら、

  夏なれば大樹の木かげ、

  それはいつも神秘に満ち、

  それはいつも人の心を誘う、

  それは人の心が、

  ときに、しばしば、

  静寂を愛することを、

  知っているものの様に、

  小声にささやき、小声にかたる …… 」 

 

と 続きます。

 

 

 

 

 

 

鴨川の夕暮れ(詩人たちの魂)

 

 

 

 

 

 

 

時は流れる  …  時は流れる。

 

愛を語らう恋人たちも

燈火に憩う一家の団欒も

今、この時にしか存在しえない。

 

そう、教えてくれる

詩人たちの魂に触れる

そんな ゆふぐれどきでした。

 

 

 

 

 

 

 


ゆば長