大豆の若葉

春の雪、大宮人や いとまあれや。

春を間近に、今朝ふる雪の白。 融けゆく雪の その白さ。

 

   

京の雪の朝

今朝、目覚めますと、家々の屋根を新しい雪が覆っております。

こんな朝には、子供の頃から、何かしら雪の香りがするようです。

淡く光る雪の白さは、新しい発見への期待でしょうか。

子供たちの声や、小鳥のさえずりさえ、今日は特別です。

 

 

 

松が枝の雪


 

常緑の松が枝に置く雪は

まるで白く花が咲いたようです。

やがて 雪の玉水となって

光りながら溶けてゆくでしょう。 

 

 

雪の庭

 

 

 

 

雪の綿は庭の草木を覆って

やさしく包みます。

ローズマリーの長い枝が

顔を出して。

今しばらくは、春の新芽を

その白で守って。