大豆の若葉

桃の花、今年の花の春を迎えるように。

未生流 西村陽甫先生の花。

 

 

 

桃の花、菜の花(西村陽甫先生)

春の節句を迎えて、

未生流の西村陽甫先生が

桃の花、菜の花を生けてくださいました。

( 木村宜正さんの三島手の花器に。)

 

たっぷりと生けてくださった 桃の花。

桃孤棘矢(とうこうきょくし)の故事のように

周囲の空気を、春の気で清めてくれます。

 

桃 之 夭 夭  宜 其 家 人 

 ( 桃の夭夭たる 其の家人に宜しからむ )

             周代 毛詩(詩経)より

 

桃の花から連想するのは、この句です。

四千年来、尊ばれてきた樹の力。

そういえば、壽老人も桃を携えていて。

 

 

 

本朝の ことのは には、次の歌があります。 

春苑 紅尓保布 桃花 下照道尓 出立嬬

( 春の苑 紅にほふ桃の花 下照る道に 出で立つをとめ )  万葉集 巻十九・4139

 

夕暮れ時の、桃林でのこの歌の情景を想うと、万葉の春に、はっとします。 

 

 

桃と椿(木村宜正さんの花器) 

 

  


 

 

 

西村陽甫先生(片桐英郎先生のお嬢様)

西村先生のお父様が、武田薬品の

薬草園から贈られた数寄屋侘助椿。

  ( 五代清水六兵衛の花器に。)

 

西村先生のお父様 片桐英郎先生は

京大の農学部の先生でした。

「発酵生理及び醸造学」の権威として

この分野の基礎を築かれました。

 

 

西村陽甫先生。

( 御了解を頂いて掲載しております。 )

いつも、生命力にあふれた花を生けてくださいます。 

手ずから生けて頂く花からは、

多くのことを教えて頂いているようです。

 

 

 春、桃の花


 

 


ゆば長