大豆の若葉

初夏の花々

西村陽甫先生のお花

 

 

西村陽甫先生の花(木村宜正さんの花器にカラーと菖蒲と撫子と黄素馨)


 

旧暦の5月を控えて、初夏の花々が今この時を喜ぶように咲いております。

田植えのあとの稲にとっては、五月雨は恵みの雨。

今年の京都の夏も近いのですね。

 

 

西村陽甫先生の花(五代清水六兵衛の掛花生けに杜若)

 

未生流の西村陽甫先生が 初夏の花々を

生けてくださいました。

五代清水六兵衛の掛花生けには 杜若を

木村宜正さんの花器には 菖蒲、カラー、

撫子、黄素馨(キソケイ)を。

 

西村先生の生けてくださる花には、いつも

清々しく 飛び出す程の力に満ちた

花の生命力を感じます。

日々の姿も、かくあるべしと教えて頂いております。

 

 

西村陽甫先生 


 

 西村陽甫先生の花(黄素馨)_キイロソケイ

黄素馨は羽衣ジャスミンなどと同じ、木犀科の素馨(ジャスミン)属の仲間。

ジャスミンのような芳香はありませんが、たおやかな美しい姿の花です。

素馨(ソケイ)は中国の五代十国時代の美しい少女の名前に由来していると

西村先生に教えて頂きました。

黄色い小さなその花には、どこか親しみを覚える愛らしさがあります。